• 本

ポピュリズムの理性

出版社名 明石書店
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-7503-4698-4
4-7503-4698-5
税込価格 3,888円
頁数・縦 409P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人民を構築せよ。“左派ポピュリズム”の可能性のために。侮蔑的に論じられがちなポピュリズムを“政治的なもの”の構築の在り方として精緻に理論化した、ポピュリズム論の金字塔的著作。根源的、複数主義的な民主主義のために、政治的主体構築の地平を拓く。ポピュリズム論の金字塔的著作。

目次

第1部 大衆への侮蔑(ポピュリズム―多義性と逆説
ル・ボン―暗示と歪曲された表象
暗示、模倣、同一化)
第2部 「人民」を構築する(「人民」、空虚の言説的産出
浮遊するシニフィアン、社会的異質性
ポピュリズム、代表、民主主義)
第3部 ポピュリズムの諸形態(ポピュリズムの遍歴譚
「人民」の構築にとっての障碍と限界)
結論

著者紹介

ラクラウ,エルネスト (ラクラウ,エルネスト)   Laclau,Ernesto
1935年、アルゼンチン生まれ。政治理論家。イギリスに亡命後、長年にわたりエセックス大学で教授を務める。2014年死去。ポスト・マルクス主義の立場から、ヘゲモニー論や言説分析を取り入れ、マルクス主義の大胆な刷新を試みた
澤里 岳史 (サワサト タケシ)  
1968年生まれ。政治哲学。2016年死去
河村 一郎 (カワムラ イチロウ)  
1967年生まれ。科学哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)