• 本

小休止のすすめ 運を呼び込む「人生の休み方」の極意

SB新書 459

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7973-9970-7
4-7973-9970-8
税込価格 864円
頁数・縦 239P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

政府は今、「働き方改革」と並行して「休み方改革」も進めており、ワーク・ライフ・バランスの最適化が喫緊の課題となっているようだ。この流れの中で重要なのは「どのくらい休むか」だけでなく「いつ、どのように休むか」だろう。そこで考えてみたいのが、人生の中での「小休止」の効用である。本書では、約10年の小休止を経て再ブレークを果たしたタレントのヒロミと、小休止を上手に取り入れ成功しているサイバーエージェント社長・藤田晋氏が、各々の働き方・生き方について語っている。「立ち止まる」ことで、環境や生活習慣などを変え、リセットおよびリフレッシュを図る。両著者とも、それによる発想の転換、客観的視点の獲得などから運とツキを呼び込んでいる。著者のヒロミは1965年生まれで、コントトリオ「B‐21 SPECIAL」やバラエティ番組のMC(司会)として活躍。40歳の時に加圧トレーニングジム「KAATSU STUDIO51.5」をオープンした。藤田晋氏は73年生まれで98年にインターネット総合サービス企業、株式会社サイバーエージェントを設立。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年04月16日]

商品内容

要旨

27歳で個人事務所をつくって独立、月の売上が最高6000万円だったタレントヒロミと、26歳、史上最年少で上場を果たしたサイバーエージェント社長、藤田晋。2人の現在の成功に共通するのは、「小休止」をうまく人生に取り入れていることだ。「タレントヒロミ」を10年休んだヒロミと、厳しいビジネスの世界で、気を狂わすことなく、日常に小休止を取り入れトップを走り続ける藤田晋が教える、小休止という生き方、考え方。

目次

第1章 人には「立ち止まる」ときがあっていい(タイミング
変化 ほか)
第2章 自分と向き合う(プライド
下山 ほか)
第3章 焦らない、走らない(壁
不調 ほか)
第4章 新たな一歩を踏み出す(浮上
演出 ほか)
第5章 休みがながれを引き寄せる(お金
歯車 ほか)

出版社・メーカーコメント

人生は休んでこそながれに乗れるときがある。10年間のブランクを経て再び大ブレークしたタレントと、東証一部上場のベンチャー経営者に共通する、運とツキを呼び込む「人生の休み方」の極意。

著者紹介

ヒロミ (ヒロミ)  
1965年東京都八王子生まれ。1986年、ミスターちん、デビット伊東等と共に「B‐21 SPECIAL」を結成。若者を中心に絶大な人気を誇り、1990年にゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。1993年に歌手・タレントの松本伊代と結婚。日本を代表するMCとして活躍。40歳の時に加圧トレーニングジム51,5をオープン
藤田 晋 (フジタ ススム)  
1973年福井県生まれ。97年に青山学院大学経営学部を卒業後、株式会社インテリジェンスに入社。98年に退職し、インターネット総合サービス企業、株式会社サイバーエージェントを設立、代表取締役に就任。2000年に当時史上最年少で東証マザーズに株式上場後、14年には東証一部へ市場変更、日経ビジネス「社長が選ぶベスト社長」に選出される。16年、テレビ朝日と共同出資でインターネットテレビ局「AbemaTV」を発足させるなど新たな事業にも進出(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)