• 本

大乗仏教 ブッダの教えはどこへ向かうのか

NHK出版新書 572

出版社名 NHK出版
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-14-088572-7
4-14-088572-6
税込価格 946円
頁数・縦 275P 18cm

商品内容

要旨

般若経、法華経、華厳経、浄土教、密教…。「自己鍛錬」を目的にした釈迦の仏教は、いつ、どこで、なぜ、どのようにして、「衆生救済」を目的とする大乗仏教へと変わったか?そして、その教えはどこへ向かおうとしているのか?原始仏教の研究者と一人の青年との「対話」から大乗仏教の本質へと迫りゆく、驚きの仏教概説書。

目次

第1講 「釈迦の仏教」から大乗仏教へ
第2講 般若経―世界は「空」である
第3講 法華経―なぜ「諸経の王」なのか
第4講 浄土教―阿弥陀と極楽の誕生
第5講 華厳経・密教―宇宙を具現するブッダ
第6講 大乗涅槃経・禅―私の中に仏がいる
第7講 大乗仏教のゆくえ
補講 今も揺れる大乗仏教の世界―『大乗起信論』をめぐって

おすすめコメント

「自己鍛錬」を目的にした釈迦の教えは、いつ、どこで、なぜ、どのようにして、「衆生救済」を目的とする大乗仏教に変わったか?『別冊NHK100分de名著 集中講義 大乗仏教』を大幅改訂し、大乗仏教1500年の常識を覆す「大乗起信論問題」の顛末を新たに書き下ろした、究極の仏教概説書。

著者紹介

佐々木 閑 (ササキ シズカ)  
1956年、福井県生まれ。花園大学文学部仏教学科教授。文学博士。京都大学工学部工業化学科および文学部哲学科仏教学専攻卒業。同大学院文学研究科博士課程満期退学。専門は仏教哲学、古代インド仏教学、仏教史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)