• 本

つくもがみ笑います

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-04-107228-8
4-04-107228-X
税込価格 1,512円
頁数・縦 271P 20cm

商品内容

要旨

江戸は深川で損料屋を営む出雲屋では、主人の清次と妻のお紅、跡取りの十夜とともに、そんなつくもがみたちが仲良く賑やかに暮らしていた。ひょんなことから、大江戸屏風に迷い込み、二百年前にタイムスリップしたり、旗本屋敷の幽霊退治にかり出されたり。退屈しらずのつくもがみたちが、今日も大奮闘!

出版社・メーカーコメント

アニメ化も大好評のお江戸妖ファンタジー「つくもがみ」シリーズ第三弾!人から百年以上大事にされた品物は、人ならぬ、つくもがみになるという。江戸は深川で損料屋を営む出雲屋では、主人の清次と妻のお紅、跡取りの十夜とともに、そんなつくもがみたちが仲良く賑やかに暮らしていた。ひょんなことから、大江戸屏風に迷い込み、二百年前にタイムスリップしたり、旗本屋敷の幽霊退治にかり出されたり。退屈しらずのつくもがみたちが、今日も大奮闘!

著者紹介

畠中 恵 (ハタケナカ メグミ)  
高知県生まれ、名古屋育ち。2001年『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。「しゃばけ」はシリーズ化され、大好評を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)