• 本

インクルーシブ教育を通常学級で実践するってどういうこと?

インクルーシブ発想の教育シリーズ 2

出版社名 学事出版
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7619-2517-8
4-7619-2517-5
税込価格 1,836円
頁数・縦 151P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

私たちは違うからこそ、つながる。学級の子どもたちはそれぞれに違ったストーリーを生きていることを前提に、公立学校で実践されたインクルーシブ教育の最前線を振り返る!

目次

第1章 インクルーシブ発想とは―岩瀬長樹実践が問いかけるもの(つなぐ、つながることの弱さ
「集団の中の個」という考え方
関係性と合理的配慮 ほか)
第2章 インクルーシブ教育をどう実践すればいいのか―(対談)青山新吾×岩瀬直樹(4月の最初に「教室リフォームプロジェクト」を行う理由
「作家の時間」で子どもたちをみる、「PA」で人間関係を混ぜる
コンテンツだけ取り入れても意味がない ほか)
第3章 インクルーシブ教育の実践って?(方法の前提になること(対談を経て)
方法の目的化
子どもをどんな存在としてみるか ほか)

著者紹介

青山 新吾 (アオヤマ シンゴ)  
1966年兵庫県生まれ。ノートルダム清心女子大学人間生活学部児童学科准教授。岡山県内公立小学校教諭、岡山県教育庁指導課特別支援教育課指導主事を経て現職。臨床心理士、臨床発達心理士。著書多数
岩瀬 直樹 (イワセ ナオキ)  
1970年北海道生まれ。一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団副理事長。埼玉県公立小学校教諭、東京学芸大学教職大学院准教授を経て、現職。全国の学校を参観するなかで、組織論、クラスづくり、授業改革の必要性を感じ、実践・研究をはじめる。学級経営論、学習者中心の教育を研究・実践している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)