• 本

幻の韓国被差別民 「白丁」を探して

河出文庫 う15−2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-309-41662-5
4-309-41662-4
税込価格 990円
頁数・縦 294P 15cm

商品内容

要旨

白丁とは、朝鮮半島に存在した被差別民をいう。牛の屠畜・解体を業とし、柳細工なども営んだ。かつては厳しい賎視をうけたが、朝鮮戦争などによってその集落は失われた。その後、多くの末裔は牛肉を扱う仕事につく。被差別問題に関わる著者が、表面的には今はないと言われる彼らの現在の差別状況が、実際どういうものなのかをつぶさに取材した、入魂の第一ノンフィクション。

目次

第1章 現代の白丁
第2章 白丁と結婚する馬鹿はいない
第3章 白丁とは何か
第4章 韓国の屠場を歩く
第5章 最後の白丁
旅を終えて
韓国再訪二〇一四―新装版のためのあとがき

おすすめコメント

朝鮮半島に古来存在した、牛を解体し、箕作りに携わった被差別民「白丁」。彼らは現在どうしているのか。現地に滞在し、その跡を追い、差別の根源を考える。著者の処女作の待望の文庫化。

著者紹介

上原 善広 (ウエハラ ヨシヒロ)  
1973年、大阪府生まれ。大阪体育大学卒業。2010年、『日本の路地を旅する』で第41回大宅壮一ノンフィクション賞、『一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート』でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)