• 本

高倉健の身終い

角川新書 K−244

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-04-082290-7
4-04-082290-0
税込価格 902円
頁数・縦 238P 18cm

商品内容

要旨

なぜ健さんは黙して逝ったのか。白洲次郎の「葬式無用 戒名不用」、江利チエミとの死別、酒井大阿闍梨の「契り」…。高倉健を最後の撮影現場まで追い続け、ゆかりの人を訪ね歩いた編集者が見た「終」の美学。

目次

第1章 どうせ死ぬなら裟婆で死ぬ(ドル箱シリーズ誕生
百年早かった男 ほか)
第2章 愛する女性との永訣(純愛
江利チエミさんのこと ほか)
第3章 訣れの流儀(天空を仰いで
蛍火 ほか)
第4章 「高倉健」逝く(寒青の刻
不安が過った歩き方 ほか)

出版社・メーカーコメント

死に際しても黙して語らなかった。「一生涯高倉健」を貫いた「終」の美学。1984年から2014年まで高倉健を取材し親交していた編集者が、「高倉健」が人生の終い方を探し求めた30年間に向き合った。白洲次郎の「葬式無用 戒名不用」、江利チエミとの死別、酒井大阿闍梨の「契り」。高倉健が数々の別れを経験しながら、自らの死に方を見つけていった姿を描く。

著者紹介

谷 充代 (タニ ミチヨ)  
ルポライター。1953年東京都生まれ。フリー編集者として白洲正子、三浦綾子などのルポルタージュを手がける傍ら、1980年代半ばから2000年代まで高倉健をめぐって様々な取材を重ねてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)