• 本

教育課程を学ぶ

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-623-08381-7
4-623-08381-0
税込価格 2,640円
頁数・縦 223P 21cm

商品内容

要旨

創造的な教育課程を編成するために。教育課程の基礎的な知識と理論を、歴史をふまえながらわかりやすく解説する。現場教員にも有用な一冊。

目次

第1章 教育課程とは何か
第2章 教育課程の構造と理論
第3章 教育課程行政と学習指導要領
第4章 学校における教育課程の編成と教育評価
第5章 教科書の制度と沿革
第6章 日本の教育課程改革の展開1―「学制」から国民学校まで
第7章 日本の教育課程改革の展開2―「墨塗り教科書」から「教育内容の現代化」まで
第8章 日本の教育課程改革の展開3―「ゆとり」から「確かな学力」まで
第9章 日本の教育課程改革の展開4―現在の教育課程の特質と課題

著者紹介

山田 恵吾 (ヤマダ ケイゴ)  
筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。現在、埼玉大学准教授、博士(教育学)。専攻、日本教育史
藤田 祐介 (フジタ ユウスケ)  
筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。現在、武蔵野大学准教授。専攻、教育行政学、教育政策史
貝塚 茂樹 (カイズカ シゲキ)  
筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。現在、武蔵野大学教授、博士(教育学)。専攻、日本教育史、道徳教育
関根 明伸 (セキネ アキノブ)  
東北大学大学院教育学研究科博士課程修了。現在、国士舘大学教授、博士(教育学)。専攻、韓国の教育、道徳教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)