• 本

覇王信長の海琵琶湖

歴史新書

出版社名 洋泉社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-8003-1553-3
4-8003-1553-0
税込価格 1,045円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

「近淡海」と呼ばれた琵琶湖は、古より日本海を結ぶ海の街道であった。琵琶湖のある近江は豊かな地で、天下を決定する多くの合戦の舞台となった。なかでも織田信長は、覇者になるために琵琶湖を制圧し、京に近い安土に築城した。古代よりつづく権力者と琵琶湖との深い関係とは?最新研究からその謎に迫る!

目次

第1章 権力者が求めた琵琶湖(古代における琵琶湖舟運
中世の琵琶湖の繁栄と呼称の成立 ほか)
第2章 覇者の海の成立(信長の上洛と近江
元亀争乱 ほか)
第3章 覇者の城(信長の城造り
安土築城 ほか)
第4章 継承される覇者の海(秀吉の台頭
天下統一 ほか)

著者紹介

中井 均 (ナカイ ヒトシ)  
1955年大阪府生まれ。龍谷大学文学部史学科卒業。日本の考古学者。専門は中・近世城館遺跡、近世大名墓。滋賀県立大学人間文化学部教授。NPO法人城郭遺産による街づくり協議会理事長。織豊期城郭研究会代表。大名墓研究会代表
太田 浩司 (オオタ ヒロシ)  
1961年東京都生まれ。明治大学大学院文学研究科(史学専攻)博士(前期)課程修了。その後、市立長浜城歴史博物館学芸員を経て、長浜市長浜城歴史博物館の館長を2014年から3年間勤める。現在、長浜市市民協働部学芸専門監。専門は、日本中世史
松下 浩 (マツシタ ヒロシ)  
1963年大阪府生まれ。大阪大学大学院文学研究科修士課程(史学専攻)修了。その後、滋賀県教育委員会事務局文化財保護課、滋賀県安土城郭調査研究所を経て、現在滋賀県教育委員会事務局文化財保護課主幹。専門は、戦国・織豊期の政治史、都市史、城郭史
東 幸代 (アズマ サチヨ)  
1971年石川県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(歴史文化学専攻)学修退学。その後、滋賀県立大学助手、専任講師、准教授を経て、教授。京都大学博士(文学)。専門は、近世の流通史、産業史、地域史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)