• 本

盤上に散る

講談社文庫 し104−4

出版社名 講談社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-06-513758-1
4-06-513758-6
税込価格 770円
頁数・縦 353P 15cm

商品内容

要旨

唯一の家族だった母を亡くした明日香は、遺品から一通の出されなかった手紙を見つける。宛名は「林鋭生様」。それが将棋の真剣師の名だと知り、明日香は林を捜すことに。「新世界の昇り龍」と呼ばれ、ある対局後に、忽然と姿を消したという男と母との関係は。昭和を生きた男女の切なさと強さを描いた傑作。ドラマで林鋭生を演じる石橋蓮司さん×塩田武士さん巻末特別対談を収録!!

著者紹介

塩田 武士 (シオタ タケシ)  
1979年兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、神戸新聞社に勤務。2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞、’11年、将棋ペンクラブ大賞を受賞。’12年、神戸新聞社を退社。’16年『罪の声』(講談社)で第7回山田風太郎賞を受賞。同書は「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2017年本屋大賞第3位にも選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)