• 本

お母さんのためのアルコール依存症回復ガイドブック

出版社名 金剛出版
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7724-1671-9
4-7724-1671-4
税込価格 2,808円
頁数・縦 277P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

アルコールや薬物のない生活にどう向き合ったらいいか、断酒を目指す母親が「底つき」から這い上がるためには?依存症から回復するためのさまざまなツールを解説。「底つき体験」からの回復への旅。

目次

底つき
罪悪感
疲労
孤独
お付き合いと教訓になる話
お金、お金、お金
親密なつながり―本当のわたしを知って
自分をドラマ化する母親
恋愛関係の問題
スーパーママ〔ほか〕

著者紹介

オコーナー,ローズマリー (オコーナー,ローズマリー)   O’Connor,Rosemary
認定依存症リカバリー・コーチであり、認定職業コーチでもある。ROCリカバリー・サービス(rocrecoveryservices.com)を立ち上げた。カリフォルニアのセント・メアリーズ・カレッジ卒。北カリフォルニア在住
今村 扶美 (イマムラ フミ)  
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院精神リハビリテーション部臨床心理室室長。臨床心理士、日本アルコール・アディクション医学会評議員。1999年慶應義塾大学、2001年東京都立大学大学院修了後、所沢市立教育センター教育相談員、東京少年鑑別所および川越少年刑務所心理技官を経て、2005年に国立精神・神経センター武蔵病院(現、国立精神・神経医療研究センター病院)心理療法士に着任。2014年より現職
松本 俊彦 (マツモト トシヒコ)  
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長/病院薬物依存症センターセンター長。1993年佐賀医科大学卒業。横浜市立大学医学部附属病院での初期臨床研修修了後、国立横浜病院精神科シニアレジデント、神奈川県立精神医療センター医師、横浜市立大学医学部附属病院精神科助手を経て、2004年に国立精神・神経センター(現、国立精神・神経医療研究センター)精神保健研究所司法精神医学研究部専門医療・社会復帰研究室長に就任。以後、同研究所自殺予防総合対策センター自殺実態分析室長、同副センター長などを歴任し、2015年より同研究所薬物依存研究部部長に就任。また、2017年より国立精神・神経医療研究センター病院薬物依存症治療センターセンター長を併任。精神神経学会認定精神科専門医、精神保健指定医、精神保健判定医、日本アルコール・アディクション医学会理事
浅田 仁子 (アサダ キミコ)  
静岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部文学科英文科卒。社団法人日本海運集会所勤務、BABEL UNIVERSITY講師を経て、英日・仏日の翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)