• 本

ダークウェブ・アンダーグラウンド 社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7816-1741-1
4-7816-1741-7
税込価格 1,998円
頁数・縦 270P 19cm

商品内容

要旨

「ネットの向こう側」に広がるアンモラルな領域を克明に描き出した新時代のノンフィクション!!

目次

第1章 暗号通信というコンセプト
第2章 ブラックマーケットの光と闇
第3章 回遊する都市伝説
第4章 ベドファイルたちのコミュニティ
補論1 思想をもたない日本のインターネット
第5章 新反動主義の台頭
第6章 近代国家を超越する
補論2 現実を侵食するフィクション

おすすめコメント

政府の監視も、グーグルのアルゴリズムも、企業によるターゲティングも、さらには法律の手すらも及ばないインターネットの暗部――ダークウェブ。その領域では「自由の追及」が至上とされ、住人たちはアンモラルな文化を謳歌しながら「もうひとつの別の世界」を夢想する。シリコンバレーから生まれた思想がオルタナ右翼を筆頭とする新反動主義と結びつき、やがて「近代」という枠組みを超越するまでを描き出した、新時代のノンフィクション。

著者紹介

木澤 佐登志 (キザワ サトシ)  
1988年生まれ。中央大学経済学部国際経済学科卒。ブロガー、文筆家。インターネット文化、思想など複数の領域に跨った執筆活動を行う。kzwmn名義で『シックスサマナ』にて「ダークウェブの歩き方」を連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)