• 本

天命

出版社名 光文社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-334-91263-5
4-334-91263-X
税込価格 2,090円
頁数・縦 467P 20cm

商品内容

要旨

大内、尼子の二大勢力に翻弄される小国人・毛利家の次男に生まれた元就。山寺に隠棲し晴耕雨読する暮らしを夢見、出陣の前には子猫のようにおびえる若者だった。兄を亡くし、大将として、いつ敵方に寝返るとも知れぬ家臣たちをまとめた元就は、家をあずけることの出来る妻をもち、戦国を生き抜くために必死で足掻き、頭を使い、人を信じ、裏切り、兄弟、妻、そして―大事なものたちを喪った。みずからも九死に一生を得て己の天命を知った男は、幾度も哀しみから立ち上がり、策を極めた逞しい武将となっていく。猛悪無道と恐れられ、武略名高き西国の雄と呼ばれた毛利元就。その戦いの生涯を描く傑作歴史小説。

おすすめコメント

天才でも怪物でも偉人でもない、ひとりの男がいかにして戦国の雄となったか──。;大内、尼子の二大勢力に翻弄される小国人・毛利家の次男に生まれた元就。山寺に隠棲し、晴耕雨読の暮らしを夢見て、出陣の前には子猫のようにおびえる若者だった。兄を亡くし、大將として、いつ敵方に寝返るとも知れぬ家臣たちをまとめ、家をあずけることの出来る妻をもち、戦国を生き抜くために必死で足掻き、頭を使い、人を信じ、裏切り、策を極めた逞しい知略の将・元就。兄、妻、そして──大事なものたちを喪いながら、幾度も哀しみから立ち上がって戦い続け西国の雄となった、その生涯を描く傑作歴史小説。

著者紹介

岩井 三四二 (イワイ ミヨジ)  
1958年、岐阜県生まれ。’96年『一所懸命』でデビュー。同作で第64回小説現代新人賞受賞。’98年『簒奪者』(『天を食む者 斎藤道三』と改題)で第5回歴史群像大賞、2003年『月ノ浦惣庄公事置書』で第10回松本清張賞、’04年『村を助くは誰ぞ』で第28回歴史文学賞、’08年『清佑、ただいま在庄』で第14回中山義秀文学賞、’14年『異国合戦 蒙古襲来異聞』で第4回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)