• 本

世界一のメートル・ドテルが教える利益を生むサービス思考

光文社新書 987

出版社名 光文社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-334-04393-3
4-334-04393-3
税込価格 821円
頁数・縦 198P 18cm

商品内容

要旨

営業マン、顧客対応のビジネスパーソン、自営業の方たちへ。儲からないサービスは、今すぐおやめなさい!一流レストランの現場から得たビジネス哲学を公開!

目次

第1章 サービスとは「技術」である
第2章 サービスとは「手間」である
第3章 サービスとは「コミュニケーション」である
第4章 サービスとは「見た目」である
第5章 サービスとは「働き方」である
第6章 サービスとは「循環」である
第7章 サービスとは「トキ」であり、「モノ」である
第8章 サービスとは「幸せ」である
終章 伝説のサービスマン・秋山隆哉氏に聞く

おすすめコメント

日本人は、レストランやデパートの「サービス」をタダだと思っている。だが、欧米では全く異なる。サービスは商品であり、その店の最大の営業ツールであり、ブランドの源泉でもある。著者は、『ジョエル・ロブション』を経て、現在は『カンテサンス』(10年連続ミシュラン三つ星)でメートル・ド・テル(総支配人)を務める。サービスの技量世界一を決める「クープ ジョルジュ バティスト」世界コンクールで優勝した、世界一のメートル・ド・テルである。その「世界一」の称号を、現在は料理界のみならずすべての業界にカスタマイズさせて、「利益が取れるサービス」として啓蒙普及につとめている。本書では、その神髄を、さまざまなエピソードを通じ詳らかにする。

著者紹介

宮崎 辰 (ミヤザキ シン)  
メートル・ドテル。1976年東京都生まれ。高校卒業後、辻調理師専門学校に入学。同校フランス校へ進学する。南フランスでの研修を経て、芝「クレッセント」、六本木「グランドハイアット東京」、銀座「オストラル」、南青山「ピエール・ガニエール・ア・東京」、恵比寿「シャトーレストランジョエル・ロブション」などを経て独立。2012年には、「クープ・ジョルジュ・パティスト」が主催する、サービス世界コンクール世界大会で優勝し、日本人で初の「世界一のメートル・ドテル」に。現在は、ミシュラン星付きレストランにてメートル・ドテルとして勤務しながら、自身の団体Fantagista21を中心に、サービスの普及、コンサルティング、講演など幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)