• 本

バビロンの秘文字 下

中公文庫 と25−44

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-12-206680-9
4-12-206680-8
税込価格 950円
頁数・縦 573P 16cm
シリーズ名 バビロンの秘文字

商品内容

要旨

この独立は、四五〇〇年前に預言されていたことだ―亡国の民・ラガーンの建国宣言は世界中を震撼させた。鷹見はラガーン過激派の襲撃をかいくぐり“バビロン文書”の解読に奔走。彼は一人の天才日本人少女のもとに辿りつく。預言の日が近づく中、鷹見の秘策が世界の運命を決する。物語は今、極限まで加速する!

おすすめコメント

この独立は、四五〇〇年前に預言されていたことだ――。ラガーン過激派による建国宣言は世界を震撼させた。しかし過激派は成功の鍵〈バビロン文書〉を入手できず、文書の争奪戦は激化する。一方、鷹見はCIAエージェントの助けを得ながら文書の解読に奔走する。やがて辿りついたのは、一人の日本人少女のもとだった……。預言の日が近づく中、鷹見の秘策は世界を、愛する人を救うことができるのか?堂場瞬一の新境地にて最高傑作、堂々の文庫化!

著者紹介

堂場 瞬一 (ドウバ シュンイチ)  
1963年生まれ。茨城県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。2000年秋『8年』にて第13回小説すばる新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)