• 本

これでいいのか宮城県

地域批評シリーズ 33

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-89637-851-1
4-89637-851-2
税込価格 1,012円
頁数・縦 319P 15cm

商品内容

要旨

宮城県はおよそ東北らしくない県である。宮城県民は流行に敏感、個人主義でプライドも高く華やかだ。こうした同じ東北人にしてあからさまな気質の違いには、歴史と仙台の存在が強く関係している。かつて伊達藩では華やかな気風が領内に行き渡っていた。農民にも比較的自由が与えられ、それが人々の独立心や気位の高さを育んだ。そして明治以降、仙台は東北の中心都市となり、宮城は東北6県で格上の存在と見られるようになった。そのため、宮城における仙台の存在感は圧倒的だ。県内は仙台とその他で二極化され、優遇されるのはいつも仙台。ただそんな過剰な一極集中により、県内の地域格差は確実に広がっている。本書は宮城県内の不公平感にスポットを当て、仙台市以下、仙北、仙南、そして復興続く三陸のさまざまな問題点を取り上げ、伊達イズムが根付く宮城県の本質を暴き出す!

目次

第1章 宮城県ってどんなトコ?
第2章 伊達政宗だけじゃない宮城県の歴史
第3章 東北一を自負する宮城県の実態
第4章 さらなる飛躍を狙う一強都市・仙台
第5章 仙台周辺の自治体は仙台の属国扱いなのか?
第6章 目先の利益を優先させる仙北地域
第7章 希望と落胆が入り混じる三陸地域
第8章 群雄割拠でパワーバランスもおかしい仙南地域
第9章 宮城が東北の真の盟主になるために

著者紹介

岡島 慎二 (オカジマ シンジ)  
1968年生まれ。茨城県出身。ギャンブル系から学術系まで何でもこなす雑食ライター兼編集者
鈴木 ユータ (スズキ ユータ)  
1982年生まれ。千葉県出身。全国各地を駆け巡る実地取材系フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)