• 本

富山地方鉄道殺人事件

出版社名 新潮社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-10-334434-6
4-10-334434-2
税込価格 913円
頁数・縦 184P 18cm

商品内容

要旨

「宇奈月から黒部への旅」と書き残して、若手官僚が失踪。彼を追う女性新聞記者が、トロッコ列車の終点・欅平で殺される。しかし犯人の足跡は宙に消えた…。路線距離一〇〇キロ超の富山地方鉄道と、夏なお難所の黒部峡谷。犯人はどこに潜むのか?十津川警部の捜査が始まる。

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京に生れる。’63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、’81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2005年に日本ミステリー文学大賞、’10年、長谷川伸賞を受賞した。’17年、著作600冊達成。’18年、デビュー55周年&十津川警部登場45周年を迎え、なお精力的な活躍を続ける、トラベルミステリーの第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)