• 本

RDGレッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

角川文庫 お65−7

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-04-106069-8
4-04-106069-9
税込価格 660円
頁数・縦 274P 15cm

商品内容

要旨

特殊な家系と力を持つ子女が通う鳳城学園で結成された「チーム姫神」。陰陽師、忍者、山伏の生徒で構成され「人間の世界遺産」を審査する視察団から注目を集める存在だ。その中心人物・泉水子が深行との交際を進めたことを知り、真響はチーム内のバランスを危ぶむ。合わせたように大規模なスケート教室が計画される。スポンサーは真響の実家・宗田家。一族の思惑に戸惑う彼女の前に現れたのは。傑作短編も収録した待望の続編。

おすすめコメント

宗田真響の視点で描く、大人気のRDG。最終巻その後のストーリー! 冬休み明けの学園に戻った真郷は久しぶりに会う泉水子の変化に気がつき焦りを感じていた。そんなある日、真郷の許嫁をめぐり宗田家によってスケート教室が仕組まれるが、予想外の凶事を起きてしまって。

著者紹介

荻原 規子 (オギワラ ノリコ)  
東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー以来、ファンタジー作家として活躍。2006年『風神秘抄』(徳間書店)で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞JR賞、日本児童文学者協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)