• 本

刑事に向かない女

角川文庫 や66−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-04-107213-4
4-04-107213-1
税込価格 704円
頁数・縦 287P 15cm

商品内容

要旨

警察行政職員を目指していたはずが、意図せず警察官となった椎名真帆。交通課で思わぬ優秀さを発揮した真帆の異動先は、なんと刑事課だった―。都内で、女性の刺殺体が発見された事件の捜査を担当することになった真帆は、先輩の古沢とともに現場周辺の聞き込みに向かう。被害者の関係先をあたるなかで、浮び上がる孤独な女性像。容疑者の影が見えた矢先、真帆は捜査から外れるよう命じられ…。新鋭による書き下ろし警察小説。

おすすめコメント

新たなヒロインが警察小説に誕生!新鋭著者による書き下ろし 採用試験を間違い、警察官となった椎名真帆は、交番勤務の優秀さからまたしても意図せず刑事課に配属されてしまった。殺人事件を担当することになった真帆の、刑事としての第一歩がはじまるが……。

著者紹介

山邑 圭 (ヤマムラ ケイ)  
福島市出身。TVアニメーションの演出、教育映画監督を経て2008年『あの涙は、この碧につつまれる』(徳間書店/小島夕名義)で作家デビュー。映画の脚本も担当。日本脚本家連盟会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)