• 本

図で考えれば解ける!本当は面白い「微分・積分」

出版社名 青春出版社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-413-11280-2
4-413-11280-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 141P 19cm

商品内容

目次

第1章 微分・積分が実はこんなところにも!(折れ線グラフの有用性
折れ線でないほうがいい場合も、ある ほか)
第2章 曲線とは何か?指数とは何か?(生まれるべくして生まれた座標
関数とは何か ほか)
第3章 分かった積もり?積分の基礎の基礎(「うんこはみ出しの法則」とは
カヴァリエリの原理はすごい ほか)
第4章 微かく分ける…すると、どうなる?(微分とは何か?
なめらかな曲線 ほか)
第5章 微分・積分を使ってみよう!(容積最大の入れ物を作ろう
カレンダー問題 ほか)

著者紹介

岡部 恒治 (オカベ ツネハル)  
数学者。東京大学理学部数学科卒業、同大学院修士課程修了。埼玉大学経済学部教授を経て、埼玉大学名誉教授。埼玉大学出版会代表、NPO法人埼玉大学出版会事業部代表理事。2005年度「日本数学会出版賞」受賞
長谷川 愛美 (ハセガワ エミ)  
埼玉大学工学部応用化学科卒業。北海道大学大学院数理科学研究科数学専攻修了。以前、日本数学協会事務局長を務めており、現在フリーの編集者として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)