• 本

絶望書店 夢をあきらめた9人が出会った物語

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-309-02766-1
4-309-02766-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 246P 19cm

商品内容

要旨

夢をあきらめるのはよくないことですか?生きたいように生きられなかった書店主が、「夢のあきらめ方」にまつわる物語を集めました。抱いた夢の終わらせ方を、誰も教えてくれなかったから…。

目次

夢をあきらめるのはよくないことですか?―Aさんが出会ったエッセイ 断念するということ(山田太一)
あきらめきれなくて泣いたことがありますか?―Bさんが出会った手紙 希望よ、悲しい気持ちでおまえに別れを告げよう‐ベートーヴェンの手紙より(ベートーヴェン)
夢をかなえるためにどこまで頑張るべきですか?―Cさんが出会ったイタリア文学 マクベス夫人の血塗られた両手(ダーチャ・マライーニ)
夢をあきらめるために何が必要ですか?―Dさんが出会ったドイツ文学 打ち砕かれたバイオリン(ハインリヒ・マン)
チャンスが巡ってこなかったと思いますか?―Eさんが出会ったアメリカ文学 人生に隠された秘密の一ページ(ナサニエル・ホーソン)
夢をあきらめるためには何をしたらいいのでしょうか?―Fさんが出会った日常ミステリー 紅き唇(連城三紀彦)
夢が重荷になったことはありませんか?―Gさんが出会ったノンフィクション 肉屋の消えない憂鬱‐『カンプノウの灯火 メッシになれなかった少年たち』より(豊福晋)
別の人生を選んでいた場合の自分が気になりませんか?―Hさんが出会ったマンガ パラレル同窓会(藤子・F・不二雄)
夢をあきらめたからこそ得たものがありますか?―Iさんが出会った韓国文学 アジの味(クォン・ヨソン)
番外編 夢をあきらめる歌 才悩人応援歌(BUMP OF CHICKEN)
あとがきと作品解説 夢のあきらめ方(頭木弘樹)

おすすめコメント

夢をあきらめるのは、よくないこと? かつて思うように生きられなかった書店主が、古今東西「夢のあきらめ方」にまつわる物語を集めました。叶わぬ夢の痛みに贈る、絶望に効くアンソロジー。

著者紹介

頭木 弘樹 (カシラギ ヒロキ)  
文学紹介者。筑波大学卒業。大学三年の二十歳のときに難病になり、十三年間の闘病生活を送る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)