• 本

昭和からの遺言

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-344-03419-8
4-344-03419-8
税込価格 1,210円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

感動なしに人生はありえない。90歳、昭和平成の語り部が、新しい日本に贈る、忘れないでほしいこと。

目次

第1章 生身の戦争(桜からのメッセージ
兵隊さんが吹くラッパの音
戦争は突然始まる ほか)
第2章 感動なしに人生はありえない(うなぎ屋の縁
下町の人情
命の種 ほか)
第3章 テレビ界最後の職人(優しさと勇気、そして気配り
大病を患って
ドイツ取材で得たもの ほか)

著者紹介

鈴木 健二 (スズキ ケンジ)  
1929年東京下町生まれ。52年NHK入局。翌53年からテレビ放送が始まると、あらゆる分野の番組に新境地を開拓、博覧強記の国民的アナウンサーと呼ばれて親しまれる。88年定年退職後は一転して社会事業に専心。熊本県立劇場を拠点に、私財を投じて文化振興基金を設立。これを原資に、過疎で衰退した地域伝承芸能の完全復元を通して数々の村を興し、多数の障害者と県民の愛と感動の大合唱「こころコンサート」を最高1万2千人参加で、全国で7回制作上演して文化と福祉を結ぶ。70歳で青森県立図書館長に転じ、「自分で考える子になろう」を旗印に約200の小学校で押しかけ授業をし、読書の普及を図る。75歳で退職。この間テレビ大賞、日本雑学大賞、ユーモア大賞、文化庁長官表彰他多数を受賞。また『気くばりのすすめ』など、ベストセラーを相次いで発刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)