• 本

蒲田初音鮨物語

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-04-893758-0
4-04-893758-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 351P 19cm

商品内容

要旨

「妻の5年生存率は10%以下…」客足もまばらで、つぶれかけていた「蒲田 初音鮨」。それが突然、“奇跡の名店”として名を馳せるようになった背景には、ある夫婦の愛のドラマがあった。それは競争・闘争から融和への物語。これから夢に挑みたい人、人生をあきらめかけている人、そうしたすべての人に贈る、感動のノンフィクションストーリー。AppleやAmazon、Google等の成功法則にも詳しいITジャーナリストが、膨大な取材をもとにつづる感動の実話と、普遍的に活かせるビジネス的教訓。

目次

第1章 どこか捨て身な市井の鮨屋
第2章 落ちぶれていく我が家を前に
第3章 銀座での修業と勝の恋
第4章 結婚、そして苦難と幸福の中で
第5章 暗雲
第6章 利益も、そして、こだわりも捨てた果てに
第7章 見つかった“最高の鮨”、“最高の舞台”
巻末付録 蒲田 初音鮨の手法と先端ビジネス

おすすめコメント

競争から融和へ――ある夫婦の愛が生んだ感動と涙の実話。ビジネス的教訓も妻がガンで5年生存率10%以下……ガラガラだった鮨屋が、 利益も、こだわりも、我が身をも捨て、 「今日が人生の最後」と決意したその時、 奇跡の鮨は生まれた。爽やかな涙を誘う、世界的超人気店の成功秘話。

著者紹介

本田 雅一 (ホンダ マサカズ)  
ジャーナリスト、評論家、コラムニスト。パソコン、ネット、半導体といった専門技術分野を起点に、オーディオ&ビジュアル、映像制作など感性が求められる領域に場を拡げながら25年に渡って記事、コラムを執筆。東洋経済オンラインでは、その活動の範囲を食、デザイン、社会報道、政治経済などにまで拡げてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)