• 本

ゼロ戦の栄光と凋落 高性能にこだわり過ぎた戦闘機の運命

光人社NF文庫 い1108

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-7698-3108-2
4-7698-3108-0
税込価格 853円
頁数・縦 269P 16cm

商品内容

要旨

ゼロ戦―その優美で繊細なスタイルに加え、戦争の末期に特攻の主役となった悲劇的な最後は、日本人の心情を強く揺さぶるものがある。名優の喝采と落魄。それを目のあたりに演じてみせたのが、ゼロ戦であった。人々の心の中にいつまでも生き続けるであろう、名優の生い立ちと演技の過程を愛情をこめて振り返る。

目次

第0章 ゼロ戦誕生
第1章 旭日のゼロ戦
第2章 ゼロ戦隊強し
第3章 ゼロ戦の死闘
第4章 あゝラバウル戦闘機隊
第5章 ゼロ戦の転機
第6章 落日のゼロ戦

著者紹介

碇 義朗 (イカリ ヨシロウ)  
1925年、鹿児島生まれ、東京都立航空工業学校卒。陸軍航空技術研究所をへて、戦後、横浜工業専門学校(現横浜国立大学)卒。航空、自動車、鉄道などメカニズムと人間のかかわり合いをテーマにドキュメントを発表。航空ジャーナリスト協会会員。横浜ペンクラブ会員。自動車技術会会員。カナダ・カーマン名誉市民(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)