• 本

「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち

新潮文庫 い−99−8

出版社名 新潮社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-10-132538-5
4-10-132538-3
税込価格 637円
頁数・縦 342P 16cm

商品内容

要旨

使用済みのオムツが悪臭を放ち、床には虫が湧く。暗く寒い部屋に監禁され食事は与えられず、それでもなお親の愛を信じていた5歳の男児は、一人息絶え、ミイラ化した。極めて身勝手な理由でわが子を手にかける親たち。彼らは一様に口を揃える。「愛していたけど、殺した」。ただし「私なりに」。親の生育歴を遡ることで見えてきた真実とは。家庭という密室で殺される子供たちを追う衝撃のルポ。

目次

Case1 厚木市幼児餓死白骨化事件(地獄絵図と化したアパート
親子三人
夫婦喧嘩 ほか)
Case2 下田市嬰児連続殺害事件(伊豆半島の南
母子一族
結婚 ほか)
Case3 足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件(荒川
裁判―二〇一四年
家族の肖像 ほか)

著者紹介

石井 光太 (イシイ コウタ)  
1977(昭和52)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)