• 本

創造された「故郷」 ケーニヒスベルクからカリーニングラードへ

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-00-023738-3
4-00-023738-1
税込価格 3,960円
頁数・縦 259,18P 20cm

商品内容

要旨

第2次世界大戦の結果、東プロイセンのドイツ人は追放され、ソ連各地から来た移住者が新しい都市を建設することになった。廃墟のなかに「外国の息吹」を感じ、街の歴史に関心を抱く人びと。しかし、1945年以前の歴史を問うことは許されない。過去を抹消しようとする権力と、「わが故郷」への愛着を育みはじめた人びとの相克。冷戦終結後、開放された街にドイツ人たちが到来し、新旧の住人たちが出会うことになる―。

目次

第1部 ケーニヒスベルクの時代(ピョートル大帝からロシア革命まで
ロシア革命から第二次世界大戦まで)
第2部 カリーニングラード州の成立(第二種立入禁止地区
残留ドイツ人
ソヴィエトの移住者たち―カリーニングラード州への大規模移住
スターリンのカリーニングラード州建設計画)
第3部 スターリニズム末期のカリーニングラード(新たな都市 新たな生活―移住者たちの日常生活
戦後カリーニングラード州農村の日常生活
ドイツ人のドイツへの強制移住
戦後、スターリン期における「プロイセン的精神の追放」のための闘い)
第4部 ポスト・スターリン期のカリーニングラード(ポスト・スターリン期の記憶政治
ペレストロイカとその後―カリーニングラードの開放)
結語 遺産はいかに扱われたのか―結論に代えて

おすすめコメント

第2次大戦の結果、ソ連領となった東プロイセン。住民が総入れ替えとなった地域の稀有な記録。

著者紹介

コスチャショーフ,ユーリー (コスチャショーフ,ユーリー)   Костяшов,Юрий
1955年生。イマヌエル・カント記念バルト連邦大学(ロシア)教授。専門、カリーニングラード史、南スラヴ諸民族史
橋本 伸也 (ハシモト ノブヤ)  
1959年生。関西学院大学文学部教授。専門、ロシア近現代史、バルト地域研究
立石 洋子 (タテイシ ヨウコ)  
1980年生。成蹊大学法学部助教。専門、ロシア・ソ連史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)