• 本

手で見るいのち ある不思議な授業の力

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-00-024059-8
4-00-024059-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 178P 19cm

商品内容

要旨

視覚障害がある子どもたちが、動物の骨を触って生き物について学ぶ。教科書は使わず、板書もないその授業のルーツは四十年前。視覚障害者には学ぶことが難しいとされていた「生物」の授業をつくりたいと考えた教師たちの熱意から始まっていた。「学ぶこと」の本質にふれる、新鮮な感動をよぶルポ。毎日新聞デジタル版好評連載に大幅に加筆し書籍化。

目次

プロローグ
第1章 骨を触る授業と子どもたち
第2章 授業をつくった教師たち
第3章 科学への道を拓く
第4章 「考える観察」の先に
エピローグ

おすすめコメント

目の見えない子どもたちが動物の骨を触って学ぶ、40年も続く「生物」の授業とは? 新鮮な感動をよぶルポ。

著者紹介

柳楽 未来 (ナギラ ミライ)  
毎日新聞記者。1980年島根県生まれ。広島大学大学院理学研究科物理科学専攻博士課程修了。2008年毎日新聞社入社。松山支局、福井支局敦賀駐在、阪神支局を経て、2016年4月より東京本社科学環境部。これまで原子力やアスベスト問題などを取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)