• 本

関西圏鉄道事情大研究 ライバル鉄道篇

出版社名 草思社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7942-2372-2
4-7942-2372-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 238P 19cm
シリーズ名 関西圏鉄道事情大研究

商品内容

要旨

JR、阪急、京阪、阪神、近鉄、南海…激戦の関西を勝ち抜くのは―?京都、大阪、神戸、奈良、和歌山…エリアごとの「JRvs私鉄」「私鉄vs私鉄」の今を徹底分析!

目次

1 テーマ別総点検(JR東西線旋風
海外からの乗客は大阪一極集中となっている
便利になったけれど遅くなっている関西の路線 ほか)
2 区間別「ライバル鉄道」分析(京阪間―JR対京阪対阪急
阪神間―JR対阪神・阪急
神姫間―JR対山陽 ほか)
3 各線徹底分析(JR京都線(東海道本線京都‐大阪間)―京都‐高槻間の各停の増発を
阪急京都線―特急があって急行がないのは変である
京阪本線―宇治‐三条間に直通急行の運転を ほか)

著者紹介

川島 令三 (カワシマ リョウゾウ)  
1950年、兵庫県生まれ。芦屋高校鉄道研究会、東海大学鉄道研究会を経て「鉄道ピクトリアル」編集部に勤務。現在、鉄道アナリスト、早稲田大学非常勤講師、全国鉄道利用者会議顧問。1986年に刊行された最初の著書『東京圏通勤電車事情大研究』は通勤電車の問題に初めて本格的に取り組んだ試みとして大きな反響を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)