• 本

〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと

岩波新書 新赤版 1759

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-00-431759-3
4-00-431759-2
税込価格 902円
頁数・縦 243P 18cm

商品内容

要旨

“絶対絶命”の状況を、人はいかに生きうるのか。突然の膵臓がん宣告、生きるための治療の選択、何を食べればいいのか、術後の戸惑い、届かぬ患者の声、死の恐怖…。患者となって初めて実感した“いのち”の問題を、赤裸々に真摯に哲学する。「がん時代」を生きる人へ、そして未来に向けて書き遺された、いのちをめぐる提言の書。

目次

序 治療―突然がん患者になった私
1 学ぶ―患者としての好奇心
2 直面―患者の声は届いているか
3 いのち―ずっと考えてきたこと
4 今―生きてきたように闘病する
生きるための言葉を探して―あとがきにかえて

出版社・メーカーコメント

“絶体絶命”の状況を人はいかに生き得るのか.突然の膵臓がん宣告,生きるための治療選択,届かぬ患者の声,死の恐怖.患者となって初めて実感した〈いのち〉の問題を,赤裸々に真摯に哲学した「がん時代」,未来への提言.

著者紹介

坂井 律子 (サカイ リツコ)  
1960年生まれ。85年に東京大学文学部卒業後、NHK入局。札幌放送局、東京の番組制作局のディレクター、プロデューサーとして、福祉、医療、教育などの番組に携わる。NHK放送文化研究所主任研究員などを経て、制作局青少年・教育番組部専任部長。2014年6月より山口放送局長、2016年4月より編成局主幹(総合テレビ編集長)を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)