• 本

世界史の実験

岩波新書 新赤版 1762

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-00-431762-3
4-00-431762-2
税込価格 858円
頁数・縦 199P 18cm

商品内容

要旨

大勢の死者が出た東北大震災のあと、著者は柳田国男が戦争末期に書いた『先祖の話』を読み返す。外地で戦死した若者を弔う柳田にとって「神国日本」とは、世界人類史の痕跡を留める「歴史の実験」場だった。ジャレド・ダイアモンド、エマニュエル・トッドらを援用した卓抜な世界史次元での「文学」と「日本」批評がここに。

目次

第1部 実験の史学をめぐって(柳田国男論と私
実験の文学批評)
第2部 山人から見る世界史

出版社・メーカーコメント

大勢の死者が出た東北大震災の後,著者は柳田国男が戦争末期に書いた『先祖の話』を読み返す.外地で戦死した若者たちの霊を思う柳田にとって「神国日本」とは,世界人類史の痕跡を留める「歴史の実験」場だった.柳田の思考の「方法」を見極め,ジャレド・ダイアモンド,エマニュエル・トッドらを援用した卓抜な世界史次元での「文学」と「日本」批評.

著者紹介

柄谷 行人 (カラタニ コウジン)  
1941年生まれ。思想家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)