• 本

連続殺人犯

文春文庫 お71−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-16-791231-4
4-16-791231-7
税込価格 907円
頁数・縦 383P 16cm

商品内容

要旨

誰でも一瞬の激情にかられて人を殺してしまう可能性はある。だが何度も、何人も殺害してきた連続殺人犯は、「悪に選り分けられた者たち」ではないか―?数多の殺人事件を取材してきた著者が、拘置所の面会室で、現場で、ゾクリと震撼させられた十人の連続殺人犯の声を綴る。文庫化にあたり新章を大幅増補。

目次

1 北村孝紘―大牟田連続4人殺人事件
2 松永太―北九州監禁連続殺人事件
3 畠山鈴香―秋田児童連続殺人事件
4 鈴木泰徳―福岡3女性連続強盗殺人事件
5 下村早苗―大阪2児虐待死事件
6 山地悠紀夫―大阪姉妹殺人事件
7 魏巍―福岡一家4人殺人事件
8 高橋裕子―中洲スナックママ連続保険金殺人事件
9 角田美代子―尼崎連続変死事件
10 筧千佐子―近畿連続青酸死事件

著者紹介

小野 一光 (オノ イッコウ)  
1966年生まれ。福岡県北九州市出身。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーライターに。「戦場から風俗まで」をテーマに数々の殺人事件のほか、アフガニスタン内戦、東日本大震災などを取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)