• 本

彩(いろ)は匂へど 其角と一蝶

光文社文庫 た46−2 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-334-77808-8
4-334-77808-9
税込価格 814円
頁数・縦 321P 16cm

商品内容

要旨

吉原で幇間をする絵師の暁雲(多賀朝湖/後の英一蝶)は、親しい太夫から勧められ、深川にあるという松尾芭蕉の草庵に出向く。折しも芭蕉庵では、何者かによる不穏な投げ文と、掛け軸が蛇の文様で汚された騒動に紛糾していた。琉球衣装を纏う謎の女に導かれ、暁雲は芭蕉の一番弟子の其角と共に、庵で起こる不可思議な事象を解明しようとするが…。哀切溢れる物語。

おすすめコメント

「鯖猫長屋ふしぎ草紙」シリーズ等がベストセラーの若手時代小説作家による『酔ひもせず 其角と一蝶』の前日譚。

著者紹介

田牧 大和 (タマキ ヤマト)  
1966年東京都生まれ。2007年「色には出でじ風に牽牛」(『花合せ 濱次お役者双六』に改題)で第2回小説現代長編新人賞を受賞し、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)