• 本

OECD幸福度白書 より良い暮らし指標:生活向上と社会進歩の国際比較 4

出版社名 明石書店
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-7503-4780-6
4-7503-4780-9
税込価格 7,480円
頁数・縦 467P 27cm
シリーズ名 OECD幸福度白書

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

幸福度白書が描くものは、35のOECD加盟国と6つのパートナー国における幸福の予測とリスクである。すなわち、現在の幸福成果と未来の幸福のための資源を、50の指標の最新データと2005年以降の経時的データによってとらえる。2005年以後、人々の幸福には多くの前進がみられたが、それを相殺するように複数の側面で後退が認められた。シリーズ4冊目の本書は、不平等の多面性を示し、様々な側面にわたって達成と機会の格差が拡大していることを示した。年齢、性別、学歴による格差が存在し、どの加盟国にも大きな不平等を示す領域が存在した。また、移民が新たな生活に適応する際に直面する多くの不利益にも目を向けた。さらに、市民の目からガバナンスを検討し、公共機関と利用者の間の乖離を明らかにした。最後に、各国の幸福における強みと弱み、及びその経時的変化を検討した。

目次

第1章 今日の幸福
第2章 幸福の不平等を測定する
第3章 移民の幸福:より良い生活へ向かっているのか
第4章 ガバナンスと幸福
第5章 各国プロフィール
第6章 現在の幸福
第7章 未来の幸福のための資源

著者紹介

西村 美由起 (ニシムラ ミユキ)  
1988年大阪大学文学研究科前期課程修了。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)