• 本

藩と県 日本各地の意外なつながり

草思社文庫 あ3−1

出版社名 草思社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-7942-2378-4
4-7942-2378-1
税込価格 880円
頁数・縦 265P 16cm

商品内容

要旨

江戸時代、全国に270ほどあった藩はいわば独立の自治体だった。しかし、藩を越えての交流は各地で活発に(あるいは秘密裡に)行われていた。こうした藩と藩の交流エピソードを47都道府県別に紹介。さらに、各都道府県の主な藩、廃藩置県の顛末なども解説する。なぜ遠く離れた土地同士に似通った祭りや郷土料理があるのか、同じ県民同士なのに地域によって仲が悪いのはなぜか?かつての藩を知ることで、現在の県民性も深く理解できる。誰かに話してみたくなるオモシロ県別地誌読み物。

目次

1 東北・北海道篇
2 関東・甲信越篇
3 北陸・東海篇
4 近畿篇
5 中国篇
6 四国篇
7 九州・沖縄篇

著者紹介

赤岩 州五 (アカイワ シュウゴ)  
1948年、長崎生まれ。金沢で育つ。同志社大学卒業
北吉 洋一 (キタヨシ ヨウイチ)  
1951年、東京生まれ。早稲田大学文学部中退。ヴァン・ジャケット宣伝部にて「VAN99ホール」の企画を運営。その後、食、旅、歴史を主要テーマとした執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)