• 本

キャッシュレス覇権戦争

NHK出版新書 574

出版社名 NHK出版
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-14-088574-1
4-14-088574-2
税込価格 842円
頁数・縦 213P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

諸外国に遅れをとるものの、ここにきて百花繚乱のごとく続々と登場している日本の「キャッシュレス決済」。IT各社や携帯キャリア、金融機関、はてはコンビニまで参戦しようとしている。政府の方針も後押しするが、果たしてどこまで普及するのか。個人情報流出の懸念は死角にならないのだろうか。本書では、アップルペイやアンドロイドペイから始まり、ペイペイ、LINEペイ、楽天ペイなどの「QRコード決済」の登場で一気に広がった「スマホ決済」を中心に、日本のキャッシュレス事情を概観。その上で、今後、どのような「キャッシュレス社会」が望ましいかを論じる。さらに個人情報の問題に言及し、それに関する最新の動きを追っている。著者は消費生活ジャーナリスト。月刊誌記者などを経て独立し、NPO法人「消費生活とカード教育を考える会」理事長も務める。クレジットカードについては30年にわたり取材を続けている第一人者でもある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年3月26日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

政府の旗振りの下で吹き荒れる、キャッシュレスの大嵐。IT・金融各社がしのぎを削り、米中巨大資本も虎視眈々と狙う、日本の300兆円消費市場を誰が制するのか?フィンテックがもたらす「信用格差社会」をいかに生き抜けばよいか?激動の業界と私たちの暮らしの行方を、30年の取材をもとに第一人者のジャーナリストが読み解く。

目次

序章 ドキュメント「ペイペイ祭り」―「100億円還元」キャンペーンは何を残したか?
第1章 現金の壁を突破せよ!―キャッシュレス狂騒曲
第2章 キャッシュレス社会はアメリカで始まった
第3章 キャッシュレス先進国に躍り出た中国
第4章 「信用スコア」の衝撃
第5章 GAFAがすべてを支配する―狙われる個人情報
終章 データ監視社会で身を守る

おすすめコメント

PayPay、LINE Pay、NTTドコモ……。政府の旗振りの下で吹き荒れるキャッシュレスの大嵐。米中巨大資本も虎視眈々と狙う、日本の300兆円消費市場を誰が制するのか?フィンテックの進化がもたらす「信用格差社会」をいかに生き抜けばよいか?――激動の業界と、私たちの暮らしの行方を読み解く。

著者紹介

岩田 昭男 (イワタ アキオ)  
1952年生まれ。消費生活ジャーナリスト。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院修士課程修了。月刊誌記者などを経て独立。NPO法人「消費生活とカード教育を考える会」理事長も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)