• 本

家賃滞納という貧困

ポプラ新書 165

出版社名 ポプラ社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-591-16209-5
4-591-16209-5
税込価格 880円
頁数・縦 228P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

賃貸住宅に住む人の多くは、家計支出の小さくない割合を「家賃」が占めているのではないだろうか。それだけに、解雇や離婚・死別、あるいは非正規雇用やアルバイトなどで収入が不安定との理由で「滞納」してしまうこともありうる。だが近年、法的手続きにまで至る長期の家賃滞納が増えているという。本書では、これまでにおよそ2,200件もの家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた司法書士が、家賃滞納と、そこから見えてくる日本の「貧困」の実態を、18のリアルな事例を詳細に紹介しながら描き出す。シングルマザーや、地方出身で不安定な雇用の若者、子に見放された高齢者などに加え、「普通の人」でも家賃滞納から深刻な貧困の淵に落ちる可能性をもたらす現代特有の構造を指摘。社会的関心の高まりと、早急な対策の必要性を訴えている。著者は章(あや)司法書士事務所代表。専業主婦から離婚、シングルマザーとして極貧生活を経て司法書士試験に合格した。12年前から「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、「賃貸トラブル対策」に関する講演なども行っている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年04月02日]

商品内容

要旨

家賃滞納は普通の人が堕ちる破滅への入り口である。あなたも、明日陥るかもしれない!2200人以上の家賃滞納者と接した司法書士が明かす驚愕の実態!

目次

序章 家賃を滞納すると何が起こる?
第1章 誰もが「紙一重」の家賃滞納
第2章 そこにあるのは「甘え」なのか
第3章 家賃滞納の知られざる闇
第4章 家賃滞納が映し出すシングルマザーの実態
第5章 夢を持てない若者たち
第6章 家賃滞納で露呈する法律の不条理

おすすめコメント

家賃滞納2200件以上のリアルな現場から身近にしのびよる貧困の新しいカタチが見えてくる!多くの実例とともにその実態を初めて明かす。

著者紹介

太田垣 章子 (オオタガキ アヤコ)  
章司法書士事務所代表、司法書士。30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2200件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)