• 本

物理学と神

講談社学術文庫 2541

出版社名 講談社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-06-514773-3
4-06-514773-5
税込価格 1,080円
頁数・縦 244P 15cm

商品内容

要旨

かつて神の存在を証明しようとした自然科学は、ついにはその死を証明するに至ったかに見える。だが、宇宙に最初の一撃を与え、サイコロ遊びに興じる至高の存在は、現代物理学の描く世界にもいまなお息づいている。コペルニクスから量子力学まで科学者たちの「神という難問」との苦闘を名手が軽妙かつ深く語る、ひと味ちがうサイエンス・ヒストリー!

目次

第1章 神の名による神の追放
第2章 神への挑戦―悪魔の反抗
第3章 神と悪魔の間―パラドックス
第4章 神のサイコロ遊び
第5章 神は賭博師
第6章 神は退場を!―人間原理の宇宙論
第7章 神は細部に宿りたもう
第8章 神は老獪にして悪意を持たず

おすすめコメント

物理学は神を殺したか? アリストテレスから量子力学まで、科学は至高の存在といかに対峙してきたか。軽妙に語られる驚きの科学史!

著者紹介

池内 了 (イケウチ サトル)  
1944年兵庫県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。同大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。名古屋大学名誉教授。総合研究大学院大学名誉教授。講談社出版文化賞、産経児童出版文化賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)