• 本

契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦 4

集英社オレンジ文庫 し1−14

出版社名 集英社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-08-680239-0
4-08-680239-2
税込価格 605円
頁数・縦 227P 15cm
シリーズ名 契約結婚はじめました。

商品内容

要旨

“椿屋敷”と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した、仲良しだけど“偽夫婦”だ。しかし最近ますます、偽とも言い切れない感情が育まれているような。町の相談役である柊一のもとには今日も今日とて客人が絶えない。夕立のたび夏椿をもらいに現れる老婦人。柊一、担当編集・二本松、晶紀、男三人の一夜…。緑深まる夏の椿屋敷が見守る、第4巻。

おすすめコメント

<椿屋敷>と呼ばれる一軒家に住む香澄(かすみ)と柊一(しゅういち)は、ワケあって結婚した、仲良しだけど“偽夫婦”だ。 しかし最近ますます、偽とも言い切れない感情が育まれているような……。 町の相談役である柊一のもとには今日も今日とて客人が絶えない。 夕立のたび夏椿をもらいに現れる老婦人。柊一、担当編集・二本松、晶紀、男三人の一夜……。ほか三篇を収録。  第一話 白雨の便り 第二話 蛍火 第三話 夏の幻 第四話 月の横顔  すみれ荘にて―ふりむかないで―  大人気『下鴨アンティーク』シリーズ、『後宮の烏』シリーズの著者がおくる 〈家〉が語るご近所事件簿、第4巻。 今作は様々な表情をみせ、緑深まる夏の椿屋敷が舞台!

出版社・メーカーコメント

"<椿屋敷>と呼ばれる一軒家に住む香澄(かすみ)と柊一(しゅういち)は、ワケあって結婚した、仲良しだけど""偽夫婦""だ。 しかし最近ますます、偽とも言い切れない感情が育まれているような……。 町の相談役である柊一のもとには今日も今日とて客人が絶えない。 夕立のたび夏椿をもらいに現れる老婦人。柊一、担当編集・二本松、晶紀、男三人の一夜……。ほか三篇を収録。 第一話 白雨の便り 第二話 蛍火 第三話 夏の幻 第四話 月の横顔 すみれ荘にて―ふりむかないで― 大人気『下鴨アンティーク』シリーズ、『後宮の烏』シリーズの著者がおくる 〈家〉が語るご近所事件簿、第4巻。 今作は様々な表情をみせ、緑深まる夏の椿屋敷が舞台!"

著者紹介

白川 紺子 (シラカワ コウコ)  
三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)