• 本

資治通鑑

ちくま学芸文庫 シ40−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-480-09905-1
4-480-09905-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 620P 15cm

商品内容

要旨

『資治通鑑』は11世紀なかば、北宋の皇帝英宗の詔により編纂された編年体の歴史書である。中国の戦国時代から北宋建国前年に至るまで1362年間にわたる歴代君臣の事績をまとめた本書は、「治を資(たす)く」という書名の示す通り統治者が参照すべき書として、『貞観政要』と並び政治家や学者の読むべきものとされた。294巻にのぼるこの膨大な『通鑑』のなかから、本文庫では後漢の「党錮の禁」、南北朝時代に勃発した「侯景の乱」、そして大唐帝国を揺るがした「安史(安禄山)の乱」を綴った巻を収録。権力者たちのたくらみが交錯するドラマが流麗な訳文で蘇る。

目次

才と徳―人像鑑識のポイント
清流と濁流―後漢における知識人粛清のあらし
蒼天 空しく心を照らす―南朝天子と成りあがりもの
驚破す 霓裳羽衣の曲―ゆれうごく大唐帝国
『資治通鑑』を進むる表

著者紹介

司馬 光 (シバ コウ)  
1019年(天禧3)生まれ。1066年(治平3)に『通史』8巻を英宗に献上したことから、翌年神宗より『資治通鑑』の書名を賜り、歴代君臣の事績の編纂を委託される。王安石の新法に反対し洛陽へ転出するも『資治通鑑』の編纂に専念し、1084年(元豊7)に完成。1086年(元祐元)没
田中 謙二 (タナカ ケンジ)  
1912‐2002年。京都帝国大学卒業。京都大学人文科学研究所教授、同名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)