• 本

社会システム・デザイン組み立て思考のアプローチ 「原発システム」の検証から考える

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-13-043042-5
4-13-043042-4
税込価格 2,808円
頁数・縦 262,5P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

環境・エネルギー問題、人口減少・少子高齢化、格差や貧困など、現代社会は複雑で解決が困難な課題で満ちあふれている。それらに立ち向かうには、表面的な事象のみをターゲットに対症療法的な解決を図るだけでは不十分だろう。そこで注目すべきなのが、「社会システム・デザイン」のアプローチだ。本書では、解決困難かつ重要な社会課題の一つである「原子力発電所(原発)」をテーマに取り上げ、その社会システム・デザインによる解決を模索している。原発を技術的な側面だけでなく、組織や制度、政策、歴史、文化などの要素が連鎖的に入り混じったシステムとして捉え、根底にある本質的な「中核課題」を抽出。その課題を解決するために、人や組織・制度をどのように構築していくかを具体的に検証する。著者は元マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社長で、現在は県立広島大学専門職大学院経営管理研究科研究科長、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(東大EMP)企画推進責任者等を務めている。2012年には国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)の委員を務めた。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年04月03日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

未来を創る新しい「常識」。ダイナミックなシステムをデザインし、マネジメントする、新たな方法論と高度スキルを身に着ける。東大EMP(東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム)を推進し、数々のシステム・アーキテクチャを主導してきた著者の思考を開く!

目次

第1章 「社会システム」としての原発システム
第2章 悪循環を発見する―中核課題の正確な把握
第3章 良循環を形成する―中核課題への対応
第4章 新しい「社会システム」をいかに捉えるか―電力需要・供給システムの変化への対応
第5章 サブシステムを活かす―良循環の原動力
第6章 未知のプロセスとリスクへの対応―廃炉と放射性廃棄物の処理
第7章 誰もが議論できるシステムへ

著者紹介

横山 禎徳 (ヨコヤマ ヨシノリ)  
県立広島大学専門職大学院経営管理研究科(HBMS)研究科長、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(東大EMP)企画推進責任者。イグレックSSDI代表取締役、東京大学グローバル・アドバイザリー・ボード・メンバー等も務める。1966年東京大学工学部建築学科卒。ハーバード大学デザイン大学院都市デザイン修士、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修士。前川國男建築設計事務所(東京)、およびデイビス・ブロディ・アソシエーツ(ニューヨーク)において建築デザインに従事。1975年にマッキンゼー・アンド・カンパニー入社。日本企業および海外の企業に対する収益改善、全社戦略立案・実施、研究開発マネジメント、組織デザイン、企業変革、企業買収・提携等のコンサルティングを行う。同社シニア・パートナー、東京支社長を経て2002年定年退職。現在は、社会システムズ・アーキテクトとして「社会システム・デザイン」の方法論の開発、普及に注力している。2003年から4年間、産業再生機構の監査役、2012年には国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員として活動した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)