• 本

長門守の陰謀

講談社文庫 ふ2−23

出版社名 講談社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-06-514697-2
4-06-514697-6
税込価格 670円
頁数・縦 246P 15cm

商品内容

要旨

藩主の弟、長門守忠重が自らの嫡子を次期藩主に据えようと、御家乗っ取りを企てた。「長門守一件」として知られる史実を題材にした、のちの御家騒動シリーズの原点とも言うべき表題作。ほか、小藩の小禄武士に嫁いだ女房を描く「夢ぞ見し」など、初期から中期に移る藤沢文学の多彩な五篇を収録した短篇集。

著者紹介

藤沢 周平 (フジサワ シュウヘイ)  
1927年、山形県鶴岡市生まれ。山形師範学校卒。’73年『暗殺の年輪』で直木賞、’86年『白き瓶』で吉川英治文学賞、’90年『市塵』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。’95年、紫綬褒章受章。’97年、69歳で死去。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)