• 本

浮雲心霊奇譚 〔3〕

菩薩の理

集英社文庫 か68−4

出版社名 集英社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-08-745840-4
4-08-745840-7
税込価格 671円
頁数・縦 342P 16cm
シリーズ名 浮雲心霊奇譚

商品内容

要旨

時は幕末。赤い両眼で幽霊を見る憑きもの落とし・浮雲は、夜毎、無数に現われる赤子の霊におびえる男の依頼を受ける。怪異には、男が旅人から預かったという曰くありげな黄金の菩薩像が関係しているようで…(「菩薩の理」)など3編を収録。土方歳三、近藤勇、そして無敵の少年剣士・沖田宗次郎が登場!尊皇攘夷の気運高まる江戸で、異能の男が事件の謎を解き明かす。幕末ミステリー!

出版社・メーカーコメント

この作品に描かれる少年沖田は、彼の実像に近いのではないかと思う。新選組 近藤勇、土方歳三、沖田総司の流派 天然理心流 心武館館長 大塚篤氏推薦!!時代小説の地平を拓く幕末ミステリー時は幕末。赤い両眼で幽霊を見る憑きもの落とし・浮雲は、夜毎、無数に現われる赤子の霊におびえる男の依頼を受ける。怪異には、男が旅人から預かったという曰くありげな黄金の菩薩像が関係しているようで……(「菩薩の理」)など3編を収録。土方歳三、近藤勇、そして無敵の少年剣士・沖田宗次郎が登場! 尊皇攘夷の気運高まる江戸で、異能の男が事件の謎を解き明かす。幕末ミステリー!

著者紹介

神永 学 (カミナガ マナブ)  
1974年山梨県生まれ。日本映画学校卒業。2003年「赤い隻眼」を自費出版。同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』で04年プロデビュー。代表作「心霊探偵八雲」をはじめ、作品を多数展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)