• 本

南三陸日記

集英社文庫 み54−2

出版社名 集英社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-08-745844-2
4-08-745844-X
税込価格 605円
頁数・縦 285P 16cm

商品内容

要旨

住んで、泣いて、記録した。東日本大震災直後に受けた内示の転勤先は宮城県南三陸町。瓦礫に埋もれた被災地でともに過ごしながら、人々の心の揺れを取材し続け、朝日新聞に連載された「南三陸日記」は大反響を呼んだ。文庫化に際し、8年ぶりの「再訪」や、当時は記せなかった物語を大幅追加。開高健ノンフィクション賞など、数々の賞を受賞した気鋭のライターが描く珠玉の震災ルポルタージュ。

目次

序章 津波までの三〇分
南三陸日記 二〇一一年春‐二〇一二年春(無事で申し訳ありません
作業用ジャンパー
防災対策庁舎
遺体捜索
水のない町
入学式と千羽鶴
命がけの一枚
一番欲しかったもの
青空コンビニ ほか)
再訪 二〇一八年秋

出版社・メーカーコメント

震災から8年。気鋭のルポライターの原点。開高健ノンフィクション賞『五色の虹』 石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞『日報隠蔽』 小学館ノンフィクション大賞『牙』住んで、泣いて、記録した。東日本大震災直後に受けた内示の転勤先は宮城県南三陸町。瓦礫に埋もれた被災地でともに過ごしながら、人々の心の揺れを取材し続け、朝日新聞に連載された「南三陸日記」は大反響を呼んだ。文庫化に際し、8年ぶりの「再訪」や、当時は記せなかった物語を大幅追加。開高健ノンフィクション賞など、数々の賞を受賞した気鋭のライターが描く珠玉の震災ルポルタージュ。

著者紹介

三浦 英之 (ミウラ ヒデユキ)  
1974年、神奈川県生まれ。京都大学大学院卒業後、朝日新聞社に入社。東京社会部、南三陸駐在、アフリカ特派員などを経て、現在は福島総局員。2015年、『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』で第13回開高健ノンフィクション賞を受賞。18年、『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』(布施祐仁との共著)で第18回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞、「牙 アフリカゾウの密猟問題を追って」で第25回小学館ノンフィクション大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)