• 本

日米ビジネス30年史

出版社名 光文社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-334-95078-1
4-334-95078-7
税込価格 1,870円
頁数・縦 346P 19cm

商品内容

要旨

日米企業戦略の成功と失敗の歴史。日本の「失敗学」から見えてくる“平成後”のビジネス。

目次

序章 マクロ的にみる日米ビジネスの30年
第1章 80年代―Japan as No.1とアメリカの変革
第2章 90年代―バブル崩壊から抜け出せない日本経済とIT化、グローバル化するアメリカ経済
第3章 00年代―20世紀モデルで立ち止まる日本経済と21世紀型への変革を遂げるアメリカ経済
第4章 10年代―20世紀モデルから抜け出せない日本企業とIT化で疾走するアメリカ企業
第5章 日米ビジネス30年史から見えてきたもの

おすすめコメント

30年前は世界一だった日本のビジネスは、今やグローバル競争から置いていかれている。80年代日本からの挑戦に苦しんだアメリカのビジネスは、力強く復権し世界を席巻している。日本のビジネスを復活させるために、過去30年におこった日本とアメリカのビジネスの歴史を振り返り、どこで差をつけられたのか、どこを直せば再びアメリカに追いつき世界一の座に返り咲けるのかを考えていく。日本とアメリカのビジネス界で過去30年間に起こった出来事を振り返り、日本ビジネス復活への指針を導き出す。

著者紹介

植田 統 (ウエダ オサム)  
1957年生まれ。弁護士、税理士、国際経営コンサルタント、名古屋商科大学ビジネススクールMBAコース教授。東京大学法学部を卒業し東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行。ダートマス大学エイモスタックスクールMBA取得。その後、外資系コンサルティング会社ブーズ・アレン・アンド・ハミルトンを経て外資系データベース会社レクシスネクシス・ジャパン代表取締役社長。かたわら大学ロースクール夜間コースに通い司法試験合格。外資系企業再生コンサルティング会社アリックスパートナーズでJAL、ライブドアの再生に携わる。2010年弁護士開業。14年独立し青山東京法律事務所を開く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)