• 本

ひとんち 澤村伊智短編集

出版社名 光文社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-334-91265-9
4-334-91265-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 311P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

デビュー作『ぼぎわんが、来る』で話題を攫ったホラー小説界期待の俊英が、恐怖と異形、人間心理の暗部にこだわりぬいて紡いた八編。

おすすめコメント

日本ホラー小説大賞を受賞したデビュー作『ぼきわんが、来る』が刊行当初から多くの注目を集め、映画化も決定し、さらなる読者の拡大が期待される、「怖さでは近年いちばん」と噂される注目の新鋭、初の短編集が登場。恐怖小説として考えられるあらゆる手法と趣向を駆使して、作家の到達点とホラー小説シーンの現在地を明らかにする! 「闇の花園」「ひとんち」「ありふれた映像」「宮本くんの手」「夢の行き先」ほか収録予定。

著者紹介

澤村 伊智 (サワムラ イチ)  
1979年、大阪府生まれ。2015年、『ぼぎわんが、来る』で第22回日本ホラー小説大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)