• 本

宇宙はなぜブラックホールを造ったのか

光文社新書 989

出版社名 光文社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-334-04395-7
4-334-04395-X
税込価格 1,012円
頁数・縦 274P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「ブラックホール」という言葉から、何を想像するだろうか。銀河の中心には、必ずといってよいほどブラックホールがある。しかも、その質量は非常に重く、太陽の質量の100万倍以上もある。このようなブラックホールは“超大質量ブラックホール”と呼ばれているが、それは、私たちが住んでいる天の川銀河(銀河系)にもある。その質量は、太陽の400万倍である。では、そもそもなぜ、ほとんどの銀河の中心に超大質量ブラックホールがあるのか―。ブラックホールはいつ生まれ、どのように育ち、どのような運命を辿るのか。そして、宇宙はなぜブラックホールを造ったのか。現代天文学が描く、宇宙の過去・現在、そして鮮烈の未来予想図。

目次

第1章 ブラックホールとは何か(ブラックホールへの道
重力の意味 ほか)
第2章 ブラックホールの発見(超大質量ブラックホール
恒星の運命とブラックホール ほか)
第3章 超大質量ブラックホールの謎(天の川銀河の中心
アンドロメダ銀河の中心 ほか)
第4章 宇宙はなぜブラックホールを造ったのか(超大質量ブラックホールの生まれ方
超大質量ブラックホールの育ち方 ほか)

おすすめコメント

私たちは138億年歳の宇宙に住んでいる。では、このあと宇宙はどのように進化していくのだろうか?まず、50億年後に太陽が死ぬ。天の川銀河も消滅する。1000億年後には、宇宙の膨張が進行して、隣の銀河の遠ざかっていくスピードを超え、隣の銀河が一つも見えない宇宙となる。100兆年後になると、すべての恒星が燃料切れを起こし、死を迎える。10100年後には、宇宙の温度が「絶対0度」になることが予想されている。では、これまで多くの謎に包まれてきたブラックホールはどうか。ブラックホールにも「死」は訪れるのか――。宇宙にはなぜブラックホールが存在し、宇宙はなぜブラックホールを造ったのかという問いについて、天文学者が分かりやすく解説。

著者紹介

谷口 義明 (タニグチ ヨシアキ)  
1954年北海道生まれ。東北大学理学部卒業。同大学院理学研究科天文学専攻博士課程修了。理学博士。東京大学東京天文台助手などを経て、放送大学教授。専門は銀河天文学、観測的宇宙論。すばる望遠鏡を用いた深宇宙探査で、128億光年彼方にある銀河の発見で当時の世界記録を樹立。ハッブル宇宙望遠鏡の基幹プログラム「宇宙進化サーベイ」では宇宙の暗黒物質(ダークマター)の3次元地図を作成し、ダークマターによる銀河形成論を初めて観測的に立証した。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)