• 本

哲学の話

学術選書 086

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-8140-0187-3
4-8140-0187-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 303P 19cm

商品内容

要旨

哲学は私たちの人生に深くかかわる問題を扱い、大学のなかだけで論じられるべきものではない。古代ギリシアに誕生した哲学は多様な意味を担っていた。近世になってデカルトは哲学を一本の木に喩え、その果実は日々の生活にこの上もなく役立つものと考えたが、近代科学の発展とともに、幹の物理学や枝の医学をはじめ、もろもろの学問が次第に“哲学の木”から独立していった。何が残るのか?現代における哲学の尽きない価値を明らかにする。

目次

第1話 哲学とは何か―はじめの始まり
ちょっと長い間奏 日本語で「哲学」
第2話 哲学の旅立ち
第3話 ソクラテスの罪?
第4話 伝統の始まり
第5話 作られた哲学史
第6話 哲学の終焉
第7話 これからの哲学―読むこと、対話すること、生きること
第8話 哲学とは何か―終わりの始まり

著者紹介

朴 一功 (パク イルゴン)  
大谷大学文学部教授。1953年京都市生まれ。京都大学文学部哲学科卒、同大学院博士課程学修退学、博士(文学)。ケンブリッジ大学古典学部客員研究員、甲南女子大学人間科学部教授を経て、2005年より現職。専門は古代ギリシア哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)