• 本

原発事故との伴走の記

出版社名 而立書房
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-88059-412-5
4-88059-412-1
税込価格 2,160円
頁数・縦 266P 19cm

商品内容

要旨

太陽光や風力などの地上資源へ―。福島原発事故を文明の転換点として捉えなおす試み。

目次

1 文明の転換点としての原発事故(3・11から未来を創造する
専門家の社会的責任を問う
核と人類は共存できない、か? ほか)
2 原発を知るためのキーワード(ベクレルとシーベルト
放射線被曝問題
再稼働 ほか)
3 脱原発への道(未曾有の天災と人災
浜岡原発の停止決定
同調本能・同調圧力 ほか)

著者紹介

池内 了 (イケウチ サトル)  
1944年、兵庫県生まれ。宇宙物理学、科学・技術・社会論。総合研究大学院大学名誉教授、名古屋大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)