• 本

鎌倉手毬の和菓子 四季を映す練りきり

出版社名 文化学園文化出版局
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-579-21331-3
4-579-21331-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 78P 15×21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

はる(さくら―花見の会
茶つみ―八十八夜の便り ほか)
なつ(朝顔―盛夏の朝茶事
紫陽花―水無月の散歩 ほか)
あき(乙女菊―菊花の宴
月見―観月の宵 ほか)
ふゆ(手毬―梅見月の誘い
姫りんご―夜会 ほか)

おすすめコメント

山と海に囲まれた豊かな自然、そして歴史ある古都、鎌倉の四季を色濃く映す美しい「手毬」の創作和菓子。練りきり22種と蒸し菓子2種を、作り方写真とともに紹介します。また、それらを主役に趣向を凝らした日々の楽しみもご案内。

著者紹介

御園井 裕子 (ミソノイ ユウコ)  
1995和菓子の世界に入る。製菓学校で学んだ後、独自の世界観の和菓子を個展やイベントで紹介。2003鎌倉で『創作和菓子 手毬』を立ち上げ、菓子販売と和菓子教室、ワークショップを国内外で開催。2009北鎌倉『たからの庭』に工房を構える。2013株式会社手毬を設立。鎌倉の長谷・坂ノ下に工房を移転。2016工房の隣に和菓子販売店舗となる『茶寮てまり』をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)