• 本

映画で考える生命環境倫理学

出版社名 勁草書房
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-326-10273-0
4-326-10273-X
税込価格 2,484円
頁数・縦 196,6P 21cm

商品内容

要旨

映画とともにめぐる、倫理学的思考の旅へようこそ!

目次

序章 映画とともに思考するとき
第1章 『2001年宇宙の旅』にみる「人間の条件」
第2章 ナヴィのように「見ることを学ぶ」ことができるか―『アバター』と生命環境を知ることの倫理
第3章 クローン人間と臓器移植をめぐる物語―映画『わたしを離さないで』から生命倫理を考える
第4章 人型ロボットは愛することができるか―キューブリック/スピルバーグ『A.I.』論
第5章 人はAIと恋愛することができるのだろうか―『her/世界でひとつの彼女』と『エクス・マキナ』を題材に
間奏 生命環境倫理学とは何か―生命圏と技術圏
第6章 「手」が創設する倫理―『この世界の片隅に』から考える人間と環境の関わり
第7章 カタストロフィを語る哲学と映画―『君の名は。』が描く「災後」の「時間」
第8章 “絶対戦争”後の世界を考えること―『風の谷のナウシカ』とわれわれ
第9章 食べること、人間であること、生き残ること―『ソイレント・グリーン』を手がかりに
終章 なぜ映画で倫理学なのか

おすすめコメント

道徳的な問題を私たちのエートスの次元から捉え直し、自ら考える姿勢を育むために。映画とともにめぐる倫理学的思考の旅へようこそ!

著者紹介

吉川 孝 (ヨシカワ タカシ)  
高知県立大学文化学部准教授。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(哲学)
横地 徳広 (ヨコチ ノリヒロ)  
弘前大学人文学部准教授。東北大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士
池田 喬 (イケダ タカシ)  
明治大学文学部准教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)